MENU

派遣社員が退職代行を利用できる理由。利用の流れとメリットを解説

派遣社員でも退職代行を利用できるか、知りたいですか?

本記事では、派遣社員でも退職代行を利用できる理由を解説しています。

また、派遣社員が退職代行を利用するメリットについても解説します。

派遣社員で退職代行を利用しようと思っている人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

派遣社員が退職代行を利用できる理由

派遣社員が退職代行を利用できる理由を、以下の順に説明します。

  • 期間の定めがない場合
  • 期間の定めがある場合

期間の定めがない常用型派遣は正社員と同じ

派遣社員が退職代行を利用できる理由のひとつは、期間の定めがない常用型派遣に該当するケースです。

この場合、派遣社員は一定の期間雇用されず、常に現場で働く形態となります。

そのため、正社員と同様の雇用条件や待遇を期待できる反面、転職時に生じる手続きや悩みも正社員同様に発生します。

退職代行を利用することで、これらの問題に専門的なサポートを得ることができます。

期間の定めがある登録型派遣は民法628条が適用

一方で、期間の定めがある登録型派遣においては、雇用の期間が明確に定められています。

この場合、雇用契約が終了するタイミングや再雇用の可能性について、労働者としての権利や義務は民法628条に基づいて規定されます。

第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

引用元:e-Gov法令検索

登録型派遣の派遣社員が新しい職場に転職する際は、これらの法的な要素を正確に理解し、スムーズに移行するために退職代行が役立ちます。

派遣社員が退職代行を利用するメリット

派遣社員が退職代行を利用するメリット、以下の順に解説します。

  • 派遣会社と直接やりとりしなくてOK
  • スムーズに辞められる
  • 即日退職ができる
  • 個々人にあったキャリアプランが組める
  • 新たなキャリアに挑戦しやすい
  • たくさんの求人にアクセスできる

派遣会社と直接やりとりしなくてOK

退職代行を利用する大きなメリットのひとつは、派遣社員が派遣会社と直接やりとりをせずにすむことです。

通常、転職や退職に際しては派遣会社を介しての調整が必要ですが、退職代行を利用することでその手間を省くことができます。

派遣社員は代行サービスを通じて自身のニーズを伝え、プロのアドバイスを受けることで、スムーズかつ円滑な転職プロセスを進めることができます。

スムーズに辞められる

通常の転職プロセスでは、雇用契約の解約や人事手続きなどが複雑で時間を要します。

しかし、退職代行を利用することで、これらの手続きをプロの代行者が行います。

これにより、派遣社員は迅速に雇用関係を終了させることができ、新しいキャリアにスムーズに移行することが可能です。

即日退職ができる

派遣社員が退職代行を利用する際、即日退職が可能なケースもあります。

通常の転職プロセスでは退職予告期間が必要ですが、代行サービスを利用することで迅速かつ柔軟に離職することができます。

これにより、急な転職の必要がある場合や新たなチャンスが生まれたときに即座に対応できます。

個々人にあったキャリアプランが組める

退職代行サービスは、個々人の派遣社員にあわせたカスタマイズされたキャリアプランを提供します。

これにより、個別の強みや目標に基づいて将来の職場選びやスキルの向上が計画的に進められます。

新たなキャリアに挑戦しやすい

退職代行サービスでは、新しい職場で必要なスキルや知識の向上に焦点をあてます。

トレーニングや研修を通じて、派遣社員が新しい環境で即戦力となるようにサポートします。

たくさんの求人にアクセスできる

退職代行サービスは広範囲にわたる企業と提携しており、そのネットワークを通じて求人情報へのアクセスを拡大します。

派遣社員はこれを利用して、市場における最適なポジションを見つけることができます。

派遣社員が退職代行を利用する流れ

派遣社員が退職代行を利用する流れを、以下の順に解説します。

  • サービスの申し込み
  • 打ち合わせ
  • 退職実行
  • 書類作成
  • 希望者には転職サポート
  • アフターフォロー

①サービスの申し込み

派遣社員が退職代行を利用する際、最初におこなうべき手続きは代行サービスへの申し込みです。

オンラインフォームや電話などをつうじて、個人情報や雇用状況に関する基本的な情報を提供します。

これにより、代行サービスが派遣社員の状況を理解し、適切なサポートを提供できるようになります。

②打ち合わせ

代行サービスでは、派遣社員と専任カウンセラーが面談をおこない、具体的なニーズや希望についてヒアリングがおこなわれます。

これにより、個々の状況に応じたカスタマイズされたサポートプランが作成されます。

カウンセラーは派遣社員のキャリア目標や転職希望先などを詳細に把握し、最適なアドバイスを提供します。

③退職実行

派遣社員が退職を決定した場合、代行サービスは派遣会社と連絡をとり、退職の意思確認および手続きの開始をおこないます。

派遣会社とのスムーズなコミュニケーションを通じて、雇用契約の解除や終了手続きなどが円滑に進められます。

④書類作成

代行サービスは、人事手続きや必要な書類作成などを代わりにおこないます。

派遣社員はこれらのプロセスに関する悩みやストレスから解放され、専門家が適切な手続きをおこないます。

これにより、効率的で迅速な退職プロセスが実現されます。

⑤希望者には転職サポート

退職代行サービスは、退職後の新たなキャリア構築に向けたサポートも提供します。

求人情報へのアクセスやトレーニングプログラムの案内、キャリアコサルティングなどが含まれます。

これにより、派遣社員はスムーズに新たな職場に移行し、キャリアの発展を図ることができます。

⑥アフターフォロー

退職代行サービスは、退職後もアフターフォローをおこないます。

新しい職場での適応やトラブルが生じた際には、カウンセラーや専門家がサポートを続けます。

これにより、派遣社員は新たなステージを進むことができます。

派遣社員が退職代行を利用できる理由のまとめ

この記事では、派遣社員が退職代行を利用するメリット、サービスの流れについてくわしく解説しました。

期間の定めがない常用型派遣と期間の定めがある登録型派遣に焦点をあて、法的要素やプロセスに対する理解を深めました。

また、派遣社員が退職代行を利用するメリットには、カスタマイズされたキャリアプランや新しいキャリアに向けたトレーニング、求人情報へのアクセス拡大などが挙げられます。

とくに、派遣社員が派遣会社と直接やり取りせずにすみ、スムーズに辞められる点が強調されました。

流れとしては、代行サービスの申込みからニーズのヒアリング、退職手続きの代行、新たなキャリア構築まで、専門家がサポートする手順が明示されました。

記事の最後ではアフターフォローにも触れ、退職後も安心して新しいに進むことができる点が強調されました。

総じて、派遣社員が退職代行を利用することで、よりスムーズで効果的な転職プロセスを経験できることが伝えられました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次